ブログ

お任せください礼服・スーツ その3

お任せください礼服・スーツ その3

当店でいちばん選ばれている、礼服・スーツ

私共がどの様に整えていくのか、ちょっとずつご紹介させて頂いております。

今回は、仕上げです。

 

丁寧に時間をたっぷりかけて乾燥した礼服・スーツ。

今度は本来のフォルムに再整形していきます。

当店ではクリーニング師の手による、アイロンを用いて1着ごと仕上げていきます。

アイロンで仕上げているクリーニング店なんて、最近では時代遅れです。非効率で儲かりません。

多くのクリーニング店は、機械で仕上げています。

 

なんで当店ではアイロンなのか。

衣類って最初は平らの布。

それをステッチなどを駆使し、人間のカラダにフィットするかっこいフォルムにしています。

同じ衣類はありません。だから機械で同じ型に合わせてもダメなんです。

なので手によって立体的になる様に仕上げていきます。

当店のジャケットのすごい所は

着たときかっこいい立体的なフォルムです。

 

だからアイロンなんです。

一本ずつステッチにあわせて。ただシワを延ばすだけではダメなんです。

 

それに礼服は、フォーマル仕様にさらに手をかけていきます。

着た時にかっこよいシルエットになるように、縫製された時にあったエリと肩のカーブ。

こちらも丁寧に手によるアイロン仕上げで造っていきます。

このカーブがあると、着た時にすごくかっこいいんです。

当店の礼服のすごい所は

着た時にかっこいいエリと肩のカーブ。

カチッとした仕上がりになります。

 

実はこのエリや肩をかっこよく仕上げるために、礼服を造って頂けるテーラーさんに勉強に行きました。

構造を知らないと、かっこよくできないと思いまして。

型紙採寸から完成まで全工程を、テーラー職人さんの想いも含めて教わってきました。

 

中の構造まで知っているので、きちんとかっこよくできます。

今回は着た時にかっこいいフォルムになる仕上げのご紹介でした。

 

効率より結果や効果を求めたら、ていねいな手仕上げとなりました。

関連記事

こんなコトもできるんです。

  1. お休みの日に、ミシンでお裁縫しませんか?子供たちの歯ブラシコップのふくろや、習い事のバック。
  2. お祭りのはっぴ洗っています お祭り担当者様お祭り運営お疲れ様でした。
  3. 使いまくった消臭剤。シャンプーリセットしませんか?汗やニオイがしみ込んだスラックス。

知ってほしいコト。

  1. 2018.10.27

    ご家庭でのお洗濯で、ドロ汚れやエリ周りを劇的にキレイにする方法です。

    ご家庭でのお洗濯で、ドロ汚れやエリ周りを劇的にキレイにする方法です。
  2. 2018.4.19

    業務用フレンドランドリー

    業務用フレンドランドリーお客様の会社や病院・学校など定期的に、またはご連絡合った時にお伺...
ページ上部へ戻る