UA-110465103-1

ブログ

和服は「一生もの」の意味。

和服は「一生もの」の意味。

 

今日は和服を仕上げてます。

少しずつしか進められない手仕事、順番待ちもあるので、お仕上がりに時間がかかってしまいます。

 

和服は一生ものだから。ってよく聞きます。

これって和服は長い間耐えられる、耐久性の高い頑丈なものって意味ではありません。

和服はとってもデリケートなもの。

いろんな職人さんの高い技術や想い、贈られた方の愛情が詰まった芸術品です。

 

一生使える耐久性の強いものってコトではなく、

「一生面倒を見続ける必要があるもの」って意味です。

沢山の想いが詰まったものを、一生背負っていくってことなんです。

 

できる事。

それは、マメに会いにいくコト。顔を見るコト。

これです。

定期的に洗ってほしいってコトは言いません。

どんな優れた保管環境でも、ひとりぼっちにしないでください。

様子を見てあげてください。

お天気が続いて気持ちのよい休日は、狭い場所から出してあげて陰干ししてもいいですね。

家でできるお手入れ、結構あります。ぜひやってみてください。

 

お持ちの和服は、沢山の想いが詰まった日本古来から続く「伝統文化」です。

関連記事

こんなコトもできるんです。

  1. お出かけ前に5分で完了。プロスチーム。本店限定気になるニオイや小じわに効果的。
  2. 仕上げだけ。やってます。ご家庭でお洗濯して、仕上げだけしてほしい。
  3. 教えてください。こうして欲しい。写真は、ドレスシャツの背中です。

知ってほしいコト。

  1. 2017.12.11

    当店のハンガーは、金券になります。

    当店のハンガーは、1本5円の金券になります。
ページ上部へ戻る