ブログ

和服は「一生もの」の意味。

和服は「一生もの」の意味。

 

今日は和服を仕上げてます。

少しずつしか進められない手仕事、順番待ちもあるので、お仕上がりに時間がかかってしまいます。

 

和服は一生ものだから。ってよく聞きます。

これって和服は長い間耐えられる、耐久性の高い頑丈なものって意味ではありません。

和服はとってもデリケートなもの。

いろんな職人さんの高い技術や想い、贈られた方の愛情が詰まった芸術品です。

 

一生使える耐久性の強いものってコトではなく、

「一生面倒を見続ける必要があるもの」って意味です。

沢山の想いが詰まったものを、一生背負っていくってことなんです。

 

できる事。

それは、マメに会いにいくコト。顔を見るコト。

これです。

定期的に洗ってほしいってコトは言いません。

どんな優れた保管環境でも、ひとりぼっちにしないでください。

様子を見てあげてください。

お天気が続いて気持ちのよい休日は、狭い場所から出してあげて陰干ししてもいいですね。

家でできるお手入れ、結構あります。ぜひやってみてください。

 

お持ちの和服は、沢山の想いが詰まった日本古来から続く「伝統文化」です。

関連記事

こんなコトもできるんです。

  1. ゆかたを仕上げています。 ゆかたです。
  2. お客様が洗った衣類、私共が仕上げ整えます。仕上げのみを行うサービスです。
  3. 私共は「おせっかい」なクリーニング屋です。 次にかっこよく着てもらうために。

知ってほしいコト。

  1. 2019.10.2

    着る前に、モフモフに整えて。

    着る前に、モフモフに整えて。
ページ上部へ戻る